「大丈夫です / 結構です」英語でなんて言うの?




旅行してると、路上でサングラスやら自撮り棒やら色々なものを手売りしている人に出くわすことがよくありました。


特にアジア人はお金があるってイメージなのかな?断れないから買ってくれるかもって思ってるのかな?それとも私が声をかけられやすいだけなのかもしれませんが、今回のベルリン旅行、何回も声をかけられました…


今日はベルリンの有名な観光スポット、ブランデンブルク門に行ってきました。

そんなブランデンブルク門で友人と写真を撮っているときに声をかけてきた、商人との会話をピックアップ!


S...Stranger

M...Me


S: Do you want a selfie stick or sunglasses?

(自撮り棒とサングラスいる?)


M: .....

(無視)


S: Come on, I'm sure you need some

(ねぇ、必要でしょ?)


M: I'm good, thanks

(結構です。)


S: I'll make it cheaper!

(安くするから!)


M: Im fine, thanks

(大丈夫です)



今日のフレーズは


I'm good / I'm fine


意味は「大丈夫です」「結構です」


I'm goodやI'm fine を聞くと、How are you?の答えで使う印象があると思いますが、これは何かを断るときにも使えるフレーズです。


No thank youも同じ意味ですが、少し冷たい印象になってしまうので、レストランやお店で何かを断るときはgoodやfine を使って下さい!


今日はそんなフレーズを使うシチュエーションをいくつかご紹介します!



例文:


Do you need a receipt?

(レシートはいりますか?)

I'm good, thank you

(大丈夫です、どうもありがとう)


Do you need any help?

(なにか必要ですか?)

I'm fine , thanks

(大丈夫です、ありがとう)



こういう人にあったときは無視するのが一番なんですか、今回出会った人はかなりしつこく、とても困りました…


他にも、署名をお願いしますと強制的にサインさせられそうになったり、有名な観光地は人が多いので、変な人もたくさんいました。


何はともあれ、はじめてのブランデンブルク門、とてもきれいでした!


Olea