「落書き」英語でなんて言うの?


リスボン2日目は市内観光!

今回はノープランの旅なので、とりあえず地図を見ずに道に迷ってみることに。


本当は目星をつけて行こうと思ったのですが、リスボンはとにかく道が複雑でグーグルマップが正しい位置を示してくれず、あきらめました(笑)


リスボンについて最初に感じたことは、とにかく坂が多すぎる!

スーツケースで来たことに本当に後悔…


今日はそんなリスボンの街を歩いていて思ったことを彼と話しているときの会話をピックアップ!


M...Me

B...Boyfriend


M: What do you think about this?

(これどう思う?)


B: You mean graffiti?

(落書きってこと?)


M: Yes, I don't think this is an art

(うん、これは芸術じゃないと思う)


B: Yeah It's just ruining the city

(うん、これは街を台無しにしてるよね)




今日の単語は


Graffiti


意味は「落書き」「グラフィティ」

落書きは、描くものによって単語が変わってきます。

今回紹介した、壁に書いてある落書きはgraffiti

ノートなどにする落書きのときは、doodleを使います!


例文:


I really like graffiti by Banksy

(私はバンクシーのグラフィティがすごく好き)


Graffiti sometimes ruins the cityscape

(落書きは綺麗な町並みを壊している)



ロンドンでも壁の落書きを見ることは多々ありますが、リスボンではその量にびっくり。

世界的に有名なバンクシーやキングロボなどのグラフィティはアートとして高い評価を得ていますが、ただの落書きにはがっかり…


せっかくの白くて綺麗な建物たちが台無しに…


少し悲しい気持ちになりました。


Olea