「もちろん」英語でなんて言うの?


イギリスってご飯美味しくないんでしょ?っていつも友達に聞かれます。

そのたびにかわいそうって言われます。

そんなことありません!美味しいです!普通に美味しいんです!

イギリスでは、日曜日の朝食に「サンデーロースト」といってローストしたお肉や野菜を食べるそうです。そんな家庭料理が近所のパブで食べられるとのことだったのでいってきました。今日はそのときの会話をピックアップ!

M...Me

F...Friend

M: Wow it looks amazing!

(わぁ美味しそう!)

F: Oh that's massive.

(おぉ、すごい大きいね)

M: Is it?

(そう?)

F: Yeah it's usually much smaller.

(うん、普通もっと小さいよ)

M: I see.

(そうなんだ)

F: Can you eat all of it?

(おなかすいてる?)

M: For sure!!

(もちろん!!)

今日のフレーズは

For sure

意味は「もちろん」「その通り」です。

For sure は会話で使う場合は、相手の言っていることに対しての返事として使います。上記の会話では、友人があまりの量の多さに私が全て食べられるか、と質問したのに対して、私が「もちろん食べられるよ」と答えています。

また自分の言っていることに確信がある場合も「もちろん〜だよ」のように使うこともできます。

例文:

Are you ready to go?

(準備はできてる?)

For sure

(もちろん)

I'm coming to the party for sure

(もちろんパーティーに行くよ)

今回私はメインの3番目にある「Hampshire Pork Loin」をいただきました。確かに量は多かったけど、とっても美味しかったです!

景色も綺麗なパブで、とっても気に入りました!次はビーフを食べに来ます!

Olea