「申し訳ありませんが」英語でなんて言うの?


今回宿泊したのはTower of Londonの隣りにあるコンドミニアム。家族がロンドンに来るときはいつもここに泊まります。私も便乗して一緒にお泊り。

今日はそんなコンドミニアムの受付での会話をピックアップ!

M...Me

S...Staff

M: Could I check-in please?

(チェックインをお願いします)

S: I'm afraid the room is not available yet

(申し訳ありませんがお部屋の準備がまだできておりません)

M: Could you look after our luggage?

(荷物を預かっていただけますか?)

S: Of course

(もちろんです)

M: Thank you

(ありがとうございます)

今日のフレーズは

I'm afraid

意味は「申し訳ありませんが」「せっかくですが」「残念ながら」です。

なにか良くないことや残念なことを伝えるときにこのフレーズを冒頭につけます。I'm sorryと同じ意味で使われますが、こちらのほうがフォーマルな言い方です。

例文:

I'm afraid it's fully booked

(せっかくですがすべて予約で満席です)

I'm afraid you can't do that

(申し訳ありませんがそれはできかねます)

チェックインの時間が2時だったので、10時に行ったらもちろんですが部屋は空いていませんでした笑

お部屋はちょうどタワー・ブリッジが見えるお部屋!ウェルカムフルーツもとっても豪華でした。普段は大学と家の行き来であまり観光客らしいことはしないので、家族がいる間はロンドンを満喫したいと思います♪

Olea