「適している」英語でなんて言うの?


9月はイギリスでは新学期!私も3年生になりました。最近引っ越しをしたのですが、部屋はすっからかんな状態。イギリスでは家具付きの物件が一般的ですが、それでもなんだか物足りず、彼と一緒に観葉植物を買いに行きました!観葉植物なんか育てたことないので全く知識なしで行きましたが、とっても優しいお姉さんが色々丁寧に教えてくれました。今日はその時の会話をピックアップ!

S...Staff

M...Me

S: What are you looking for?

(何を探してるの?)

M: Is there anything suits in the living room and bathroom?

(なにかリビングとバスルームにに適してるのはありますか?)

S: Sure, is it quite humid in the bathroom?

(うん、バスルームは結構湿気がある?)

M: Yes kind of

(はい、なんとなく)

S: Then I would recommend these

(じゃあこれをおすすめするわ)

M: How about for the living room

(リビングはどうですか?)

S: How about this?

(これなんかどう?)

今日の単語は

Suit

意味は「適している」「似合っている」です。

今回は会話のなかで部屋に適しているものを聞く時に使っていますが、日常会話のなかでは「似合っている」の意味で使われることのほうが多いです。使い方としては適しているもの、似合っているものをSuit のあとに付け加えます。

例文:

It really suits you

(これすごく似合ってる)

This hat suits you

(この帽子似合ってるよ)

とっても優しいお姉さんが一緒に選んでくれてお手入れ方法までしっかり教えてくれました!観葉植物の他にもインテリアのグッズがたくさん。前回もそうでしたが、引っ越しは新しいインテリアを考えるのが楽しいですよね。またバイトを頑張ってお金が溜まったら色々買いに来たいと思いました!今回買った観葉植物たちはまた紹介します!

Olea

'