「時差ボケ」英語でなんて言うの?


今日は日本とベルギーから来た友人達とちょっと面白いバーへ。

Cahoots という1980年代のロンドン地下鉄をモチーフにしたバーはいたるところに時刻表や標識が。カクテルの種類も何十種もありびっくり!

今日はあんまり飲みたい気分じゃなかったので、Moocktail(ノンアルコールのカクテル)をオーダー。

今日はそんな友人との会話をピックアップ!

M...Me

F...Friend

M: Welcome to London!

(ロンドンへようこそ!)

F: It was a long journey

(長い旅だったよ)

M: Hope You won't be jet-lagged.

(時差ボケしないといいけど)

F: What should I do to not get one?

(しないために何すればいい?)

M; Just don't sleep early tonight!

(今日早く寝ないこと!)

F: I'm already so sleepy tho...

(私もう眠いんだけど…※7pm)

今日のフレーズは

Being jet-lagged

意味は「時差ぼけした」です。

時差ぼけを意味するジェットラグは日本でも使われますよね。Jet lagはそのまま使うと名詞ですが、edをつけることで、動詞として使うこともできます!

例えば…

例文:

I have terrible jet lag

(ひどい時差ボケがある)

I'm jet-lagged

(時差ぼけしている)

今回日本から遊びに来てくれた友人は、以前私が英会話講師をしていたEF JAPANで知り合った子。

毎回日本に帰るたびに遊んでくれる友人ですが、今回は会社をお休みしてロンドンまで遊びにきてくれました!

ベルギーからの友人は12月以来。皆久しぶりの再会に話が止まりませんでした!バーも雰囲気がとてもよく、お酒が苦手な人でも楽しめるお酒もたくさんでした!

Olea