「もちろん」英語でなんて言うの?


今日は友人とBermondseyにあるビールの蒸留所に遊びに行ってきました!

線路沿いにはなんと19個もの蒸留所が!それぞれオリジナルのビールが売られており、上の写真は平日の午後4時。あまりの人の多さにびっくり!

今日はそんなビール蒸留所での会話をピックアップ!

M...Me

S...Staff

M: Could you please recommend some?

(何かおすすめしてくれませんか?)

S: What kind of beer do you like?

(どんなビールが好き?)

M:I quite like light one

(軽めのがけっこう好きかも)

S: Ok, then do you wanna try some of them?

(わかった、じゃあ何個か試してみる?)

M: Oh is that possible?

(えぇ、そんなこのできるの?)

S: Why not? I'll give you 4 different types

(もちろん、4つ違う種類のあげるよ)

今日のフレーズは

Why not?

意味は「もちろん」「ぜひ」

人からの提案や誘いに同意・賛成するするときに使われます。
また、Why not +動詞?で「〜したらどう?」と相手に提案やアドバイスをするときにも使われます。

例文:

Shall we go for dinner tomorrow?

(明日夜ご飯食べに行かない?)

Why not?

(ぜひ!)

I'm not sure if I should start learning English...

(英語習うべきか迷ってるんだよね…)

Why not give it a try?

(とりあえず試してみたら?)

店員さんがとても優しく、ラガー、エール、IPA、ホッピーウィートの4種類を試させてもらいました!ロンドンのパブでは、定番はラガーかエール。あまりIPAとホッピーウィートを飲んだことがなかったのですが、とても軽くて飲みやすかったです!

今回は19軒中1軒しか行けなかったので、夏までに全制覇したいと思います!

Olea