「湿気」英語でなんて言うの?


日本への一時帰国から帰ってきて約2週間。

今年のロンドンの夏はほんとうに短く、もう気温が20度ほどに下がってしまいました…

なので、今年の夏は友人と南国に行きたい!と計画を立て、イタリアのサルデーニャ島に行くことにしました!

ここはイタリアのローマの近くにある大きな島。ロンドンからも直行便がでていて、約2時間で到着。そんなイタリアでの夏休み一日目は空港からバスで約15分に位置する街、Olbiaで一泊することに。

今日はそんなサルデーニャ島での一日目の会話をピックアップ!

M...Me

F...Friend

M: Finally it's summer holiday!

(ついに夏休みだ!)

F: It's really hot but not humid at all!

(すごい暑いけど、湿気は全然ないね!)

M: Yeah, very different from London or Japan

(うん、ロンドンとも日本とも全然違うね)

F: Very excited to spent relaxing time here!

(ここでのんびりした時間過ごすなんてめっちゃ楽しみ!)

M: Let's do nothing! haha

(ぐうたらしよう!笑)

今日の単語は

Humid

意味は「湿気」

muggy という単語が使われることもあります。

違いはあまりありませんが、humid は単純に「湿気」という意味、

muggyは「うっとおしい湿気」というように、不快な意味も込められています。

hot and humid で「蒸し暑い」というフレーズとして使うこともできます!

例文:

This summer is very hot and humid

(この夏は蒸し暑いね)

I hate this humid weather!

(私この湿気がある天気だいっきらい!)

今回使った航空会社はLCCのEasy Jet。

ロンドンを発ったときの気温は20度でサルデーニャ島についたときの気温は35度。

たった2時間のフライトでこんな南国に来れるなんて幸せだなぁ、なんて思いながら一日目を過ごしていました笑

今回はちょっと長く滞在する予定なので、楽しみたいと思います!

Olea